気持ちはいきなり開示できない

さとちゃんです。

今日はメルマガを配信。

下記にて、内容を転載しておきました(^-^)
よかったら見てみてください。

※メルマガのご登録してもらえると、
とっても嬉しいです
(30秒程度で、できちゃいます)

http://icebreak-iroha.jp/mailmagazine

************

今日も福岡に向かっています。
今月2度目の福岡です。

今日は千葉を通って
成田空港に向かっているのですが、
電車内の3割くらいはアジア系の方。

空港に向かう電車だからでしょうか??
なんだか異国に来た気分です。

さて、
それでは今週おおくりするテーマは♪♪

———————————————-
気持ちはいきなり開示できない
———————————————-
最近チームコミュニケーション研修を
していて改めて思うのは
「いきなり気持ちを開示できない」
ってことです。

たとえば
「あなたの悩みを教えてください」
研修だったら
「いつも同僚のみんなに言えないけど
本当は言いたいことを教えてください」
「あなたの課の課題を
挙げてください」

なんて言われても
「いきなりそんなこと言われても
言えるわけないじゃん!!」

って思うのが普通ですよね。
でも研修の終わりには
「そんなこと簡単だよ」
ってレベルになっています。

これって
何が違うんでしょう?

もちろん
アイスブレイクのゲームを
やっていくことで
幾分か話しやすい安全な空気は
出来ていきます。

ただ、最終的に
本当になかなか開示できないような
心の奥深くの話が
話せるような場を創るには

もうひとつ注意する点が
あるなと最近思っています。

それは、
「話すレベルを徐々に上げる」
ということです。

たとえば
「今感じていることを
教えてください」
と聞かれるのと
「今朝、食べたものを教えて」
と聞かれるのだったら
どっちが答えやすいですか?

よっぽど変なものを
食べてない限りは
朝食について話すのは
そんなに抵抗がないのでは
ないでしょうか。

なので、最終的に
冒頭のような深い開示を
可能にするために、
本音の議論ができる場に
するために

徐々にレベルを上げていきます。

例えばこんなものから

「指で出すだけ」
『自己紹介」
でも、立派な自己開示の
入り口だなと最近すごく思います。
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/checkin
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/checkin2

マンツーマンから、
3人組くらいから
始めてみるってのも手ですよね。
いきなり全員の前で、となると
レベルはグッと上がります。
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/takosyokai

「ざっくばらんに話してね」
と言われるより
「何か話すテーマが決まっている」
方が話しやすかったりすると思います。
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/odaidetalk

徐々にレベルを上げることで
「話すことにだんだん抵抗が
なくなっていく」
「他の人に聞いてもらえるのが
楽しみになる」
「安心できる空間を皆で創る」
んでしょうね。

「なんかいつも
意見出してって言っても
みんな沈黙しちゃうんだよなー」
って方、ぜひ試してみてください(^^)/

さとちゃんでした。

――――――――――――――――――
アイスブレイク講座、

※ただいまは
・出張講座
・アイスブレイク研修
・チームビルディング研修

のご依頼お待ちしています。

詳細→ http://icebreak-iroha.jp/event

―――――――――――――――――――

この記事を書いた人

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カテゴリー一覧


  • Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/bokuranoie/www/icebreak-iroha/wp/wp-content/plugins/exec-php/includes/runtime.php(42) : eval()'d code on line 14

今月のランキング

ページTOP