幼稚園・保育園児でも楽しめるアイスブレイク

こんにちわ。

さとちゃんです。

今日はメルマガを配信。

下記にて、内容を転載しておきました(^-^)
よかったら見てみてください。

※メルマガの登録をしてもらえると、
とっても嬉しいです
(30秒程度で、できちゃいます)

http://icebreak-iroha.jp/mailmagazine

--------------------

さとちゃん先日、久々にヨガクラスに
参加してきました。

以前参加していたヨガクラスは
若い女性ばかりだったので
「ちょっと入りにくそう・・・」
と久々にドギマギドギマギしながら
スタジオのスタッフさんにも
若干怪しまれながら
入っていったら

なんと!
メンバーはおじいちゃんおばあちゃんが
八割でした(笑)

ただ、ヨガの動きって
さとちゃん的に結構
筋肉がつりそうで

「いや?でもおれはできるぜ?
その動き」

とか虚勢を張りながら頑張っていた
のですが、
まわりの、推定70歳前後の
ご老人方の体が柔らかい!!

不思議なライバル心を感じた
休日の午後でした(笑)

さてさて、
それでは今週おおくりするテーマは♪♪

———————————————-
園児でも楽しめるアイスブレイク
———————————————-
最近、幼稚園保育園の先生方が
「新しく入ってきた
保護者さんたちの間の緊張感を
どうにかしてあげたい!」
「子どもたちが仲良くなれる
アイスブレイクを知りたい!」

ということで
いくつかの幼稚園保育園向けに
先生たちがアイスブレイクを
使えるように、
講座をさせて
いただいたのですが、

今回はそんな中でも
幼稚園・保育園児のような
小さな子でも
理解できて楽しめる
アイスブレイク特集です。

●しましょしましょ
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/shimasyo2
※Aがアイスブレイクをする人
Bが参加者です。

A「しーましょしましょ」
B「なーにをしましょ」
A「ジャンプを3回しましょ」
みたいな感じで
Aの掛け声に合わせて、
皆で同じアクションをします。

みんなで同じ動きをすることで
一体感も生まれるでしょうし、
小さい子どもたちには
遊びの一環みたいで
取り組みやすいと思います。

ただ、
おじさんばかりの場で
これをやるときは
きっとだれも乗ってきませんので
ご注意ください(笑)

●前後左右
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/zengosayu

全員で内向きの円をつくり
ファシリテーターの掛け声の
ワンテンポ後に
前・後・左・右に
その方向を口に出しながら動きます。

リンク先にあるように
さまざまなアレンジの仕方がありますが、
簡単なアレンジなら
園児のみんなでも理解ができて
楽しめるのではないかと思います。

●木の中のリス
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/kinonakanorisu

2人組で両手をつなぎ
その2人の手の中に
もう1人が入ります。
入った1人はリス役です。
手をつないだ2人は木の妖精役です。

「オオカミが来たぞー」
「きこりが来たぞー」
「嵐が来たぞー」
の掛け声に合わせて
決められた役の人が
他のグループに移動をします。

『THE 子どもが楽しめるゲーム』
という感じですよね。
ただ、結構かけ回ることになるので
安全管理だけはちゃんと
しないと怪我につながるので
気を付けてくださいね。

いかがでしたかー?let’s try !!
ですよー!!どんどんやってみましょう!

さとちゃんでした。

――――――――――――――――――
アイスブレイク講座、

※ただいまは
・出張講座
・アイスブレイク研修
・チームビルディング研修

のご依頼お待ちしています。

詳細→ http://icebreak-iroha.jp/event

―――――――――――――――――――

この記事を書いた人

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カテゴリー一覧

今月のランキング

ページTOP