それぞれのキャラを出しやすくするアイスブレイク

こんにちわ。

さとちゃんです。

今日はメルマガを配信。

下記にて、内容を転載しておきました(^-^)
よかったら見てみてください。

※メルマガの登録をしてもらえると、
とっても嬉しいです
(30秒程度で、できちゃいます)

http://icebreak-iroha.jp/mailmagazine

--------------------
最近、

動画配信サイトって
本当に増えてきましたね。

僕は無駄に3サイトくらい
契約していますが(笑)
邦画を見るのが好きなので
洋画より断然邦画派なのです。

ただ、
『アクションものとかファンタジーものは
やっぱり断然洋画の方が
見ごたえがありますよね!』

とか独り言を言いながら、
何を見ようか探して
みたのですが、

全く何を見ていいのかわからず
探し続けて10分後・・・
やっぱり邦画を見てしまいました↓↓

何かおススメがあれば
教えてくださいm(__)m

さてさて、
それでは今週おおくりするテーマは♪♪

———————————————-
それぞれのキャラを出しやすくするアイスブレイク
———————————————-
アイスブレイクをすると
・話しかけやすい雰囲気ができる
・楽しい空気づくりができる
・互いのことをちょっと知ることができる
・ちょっと仲良くなった人が数人できる

などなど
実施するアイスブレイクによって
色々な効果を狙うことができます。

そんな中でも今回は
「アイスブレイクが終わったあと、
みんながもっと
『あっここは自分のキャラを
もっと出してもよい空間だ!』
とより思ってくれるといいなー」

そんな狙いにぴったりの
アイスブレイクです。

ただ、下記のアイスブレイクは
個人が目立つものばかりなので
知らない人同士の場で、
いきなり序盤にもってくると
「なんか私、目立ってやだな・・・」
という気持ちにつながりかねません。

「場があったまってから」
「ある程度の関係性ができてから」
使ってみましょう!!

●GoBackJump
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/go-back-jamp

円になります。
おにが
『Go』『Buck』『Jump』のどれかを言うと
掛け声によって、
おにがどんどん変わっていきます。

間違えないように
どんどん回していく
というアイスブレイクです。

おにになる人は
発言をするだけなので
個人が目立つアイスブレイクの中でも
序の口的なアイスブレイクです。

リズムに乗って
楽しい雰囲気もつくり易い!

個人が目立つことに対して
みんながちょっとずつハードルを
乗り越えていけると
徐々に個人が目立つレベルを
上げていっても
皆の中に羞恥心や、
「めだってやだなー」の気持ちが
生まれにくくなります。

●ザブーン バーン ボヨヨン
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/923

アイスブレイクの設定自体は
GoBackJumpに
よく似ています。

円になります。
おにが
『ザブーン』『バーン』『ボヨヨン』の
どれかを言うと
掛け声によって、
おにがどんどん変わっていきます。

ただ、これは
身体の動きも加わってくるので、
より個人が目立ちますし、
恥ずかしい気持ちになりやすくもなります。

ただ、
「それでもOK!」の
空気を創りだせたときには
より自分のキャラを出してもOK!
の空気が高まっていきます。

●ビビデバビデブ
http://icebreak-iroha.jp/icebreak/bibidebabideboo

円になり
真ん中におにが立ちます。

おには誰かを指さして
「ビビデバビデブ!」と言います。

おにに指さされた人は
おにが言い切るまでに
「バ」と言えたらセーフ
言えなかったらおにを交代します。

これはさらにおにが目立ちます。
これくらいを乗り越えると
「一人が目立つ状況ができてもOK」
という空気が高まります。

ここまで来ると
「あっ!ここは自分を出しても
OKな場なんだな」
という共通認識が
肌感覚として
皆の中に芽生えてきますよ

いかがでしたかー?let’s try !!
ですよー!!どんどんやってみましょう!

さとちゃんでした。

――――――――――――――――――
アイスブレイク講座、

※ただいまは
・出張講座
・アイスブレイク研修
・チームビルディング研修

のご依頼お待ちしています。

詳細→ http://icebreak-iroha.jp/event

―――――――――――――――――――

この記事を書いた人

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カテゴリー一覧

今月のランキング

ページTOP