アイスブレイク集

2文字で漢字

2文字で漢字
ジャンル
ウォーミングアップ系,座ってできる系,競争系
対象人数
4人~人数を問わない
対象年齢
年齢問わずできるもの

文字だけじゃ分からない!アイスブレイクを体験したい人のイベント実施中

アイスブレイクルール

《準備するもの》
・ペン
・任意の大きさのメモ用紙

■ファシリテーターの声かけ
【1】まずは2~4人組のグループをつくってください。
【2】そのグループメンバーで協力して、「あ」行から「な」行のひらがなを2文字使って、1文字の漢字をつくってください。
【3】例えば「あ」と「か」を2文字使うと「赤」という漢字がつくれますよね?
【3】それでは2分以内に、他のグループに負けないようにできるだけ多くの漢字をメモに書き出してください。よーいスタート!

ワンポイントアドバイス

「身体を動かす」

アイスブレイクほどの場をあっためる力、人間関係を変容させていく力はないですが、
これからやりたい本題に向けて、皆が集まったばかりのカチコチした場を、少しでも話しやすい場にしておきたい、くらいであれば十分使えるひとネタです。
また、そんなに恥ずかしかったり、トライしないといけないようなないはないのでどんな方でも取り組みやすいアイスブレイクでもあります。

グループ数が少ないうちは、結果の共有をする際に、
「どんな漢字が出た?」なんて投げかけをしながら進めると、
「えっ!?そんな漢字もあったんだー!!思いつかなかった!」なんて交流もありつつ進められるので
グループ間の相乗効果を生み出しやすいでしょうが、
グループ数が多い場でそれをやってしまうと、結果の共有に時間がかかりすぎて、
場がもたついてしまいます。

その際は「いくつ漢字書けた?」
という簡単な共有にしてしまうというのもひとつの手です。

探していた情報は見つかりましたか?
総合案内版 ならきっと欲しい情報が見つかります

[お知らせ]アイスブレイクのいろはでは、文字だけじゃ分からない方のためにアイスブレイクを実際に体験できるイベントを開催しています。10種類以上のアイスブレイクを経験豊富なプロから直接学べるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

 

アイスブレイク研修へ
チームビルディング研修へ

アイスブレイクのネタを探す

今月のランキング

ページTOP