アイスブレイク集

ジェスチャーゲーム

ジェスチャーゲーム
ジャンル
ウォーミングアップ系,座ってできる系,競争系,2人組系
対象人数
6~12人
対象年齢
年齢問わずできるもの

文字だけじゃ分からない!アイスブレイクを体験したい人のイベント実施中

アイスブレイクルール

ファシリテーターの声かけ
【1】2人組をつくってください。2人でAさんとBさんを決めてください。
【2】Aさんは私のところにカードを一枚、取りに来てください。
【3】AさんはカードをBさんには見せずに、何が書いてあるか見てください
【4】今からしゃべらずにジェスチャーのみで、カードに書いてある動物をBさんが当てられるように伝えてください。
【5】Bさんはなるべく早く当ててください。
【6】もし当てることができたら今度はBさんが私のところにカードを取りに来てください。
【7】順番に当てっこをして、なるべく多く私のところにカードを取りに来てください。
【8】3分後になるべく多くカードを持っているペアが勝ちです。それでは始めます。よーい、スタート!

ワンポイントアドバイス

照れてしまうとジェスチャー自体が分かりづらくなるので
事前にみんなでできるアイスブレイクで場を温めてから導入したいクイズ性のゲームです。

カードに書いておくお題の例としては
・動物(ゴリラ、ウサギ、ペンギン、生まれたての子鹿など)
・スポーツ(お相撲さん、イチロー、サッカー、バレーボールなど)
・芸能人(お笑いタレントなど)
が考えられます。

お題は、ファシリテーターが難易度を調整したりもいいですが、
参加者に何枚かずつ書いてもらうのも手ですね。
参加者からの公募制だとネタを考える負担も少なく
参加者の参加意識が増す効果が期待できます。

ただし公募制にした場合は、厳しすぎるお題(やるのが恥ずかしい、難しい)
をファシリテーターがチェックして後回しにしたり
参加者のテンションが上がってきてから厳しいカードを出したりと
ファシリテーターが上手に演出すると良いでしょう。

厳しいお題をこなせると、一気に場が温まり盛り上がります。

探していた情報は見つかりましたか?
総合案内版 ならきっと欲しい情報が見つかります

[お知らせ]アイスブレイクのいろはでは、文字だけじゃ分からない方のためにアイスブレイクを実際に体験できるイベントを開催しています。10種類以上のアイスブレイクを経験豊富なプロから直接学べるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

 

アイスブレイク研修へ
チームビルディング研修へ

アイスブレイクのネタを探す

今月のランキング

ページTOP