アイスブレイク集

【動画】グーパー

ジャンル
ウォーミングアップ系,大人数系,座ってできる系
対象人数
4人~人数を問わない
対象年齢
年齢問わずできるもの

文字だけじゃ分からない!アイスブレイクを体験したい人のイベント実施中

アイスブレイクルール

ファシリテーターの声かけ
【1】心と身体の準備体操をします。
【2】まず、右手をパーで前に出し、左手はグーで自分の胸の前に出してください。
【3】私が『せーの』と言ったら、右手と左手を入れ替えてください。
【4】それではやってみましょう。 『せーの』 『せーの』 『せーの』
【5】無言でやると、怪しい遊びになってしまうので、今度はかけ声をつけましょう。
※この時、参加者からかけ声のアイデアを出してもらっても良い
【6】私が『せーの』と言ったら、『よいしょ!』と大きな声を出して、右手と左手を入れ替えてください。
【7】では、やってみましょう。 『せーの』『よいしょ!』 『せーの』『よいしょ!』…
(何回か行う)
【8】みんな、よくできているので、少しレベルを上げましょう。今度は、右手がグーで前、左手がパーで自分の胸の前です。
【9】さっきと同じように、私が『せーの』と言ったら『よいしょ!』と大きな声で入れ替えてください。
【10】では、やってみましょう。

【11】さらにレベルを上げてみましょう。
【12】右手がグーで前、左手がパーで胸の前は変わりません。
【13】私が『せーの』と言ったら、自分の胸の前で3回手を叩き、『よいしょ!』と言って右手と左手を入れ替えてください。
【14】では、やってみましょう。 『せーの』(パンパンパン)『よいしょ!』…

ワンポイントアドバイス

このゲームは、一番最初の導入でやることが多いゲーム(アクティビティ)です。
できないときに自然と笑顔が出てきたり、
『よいしょ!』をみんなで言うことで、声を出すきっかけになります。

また、これをやることにより、参加者の参加度具合(活動へのモチベーション)を見ることもできます。

ファシリテーターは、完璧にできることを求めるのではなく、
「できなくてもOK!」という空気を創ることが大切です。
また、最初は『よいしょ!』の声が恥ずかしくて出ない人も多いので、
自分が率先して大きな声を出すとつられて出してくれるようになると思います。

手遊び系なので、脳をリフレッシュさせる脳トレ効果も期待できるため
会議や年配の方が集まる場でも積極的に取り組んでもらいやすい傾向があります。
また、脳活性化のシナプソロジー効果も期待できるため高齢者のアクティビティとしても人気があります。

様々なシーンで使える汎用性の高いアクティビティです。

探していた情報は見つかりましたか?
総合案内版 ならきっと欲しい情報が見つかります

[お知らせ]アイスブレイクのいろはでは、文字だけじゃ分からない方のためにアイスブレイクを実際に体験できるイベントを開催しています。10種類以上のアイスブレイクを経験豊富なプロから直接学べるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

 

アイスブレイク研修へ
チームビルディング研修へ

アイスブレイクのネタを探す

今月のランキング

ページTOP