アイスブレイク集

木の中のリス

木の中のリス
ジャンル
大人数系
対象人数
12人以上
対象年齢
年齢問わずできるもの

アイスブレイクルール

ファシリテーターの声かけ
【1】3人組を作ってください。
【2】3人でジャンケンをしてください。
【3】勝った人は、『リス』になります。手で頭の上に耳を作って、リスになってください。
【4】あとの2人は、『木の妖精』です。向かい合って、両手をつなぎ、真ん中にリスを入れてあげてください。
【5】最初は私が鬼です。鬼は、3つの言葉を言うことができます。
【6】最初の言葉は、『オオカミが来たぞー!』です。
【7】リスは、オオカミに食べられてしまっては大変なので、木の妖精の間からぬけ、別の妖精の輪の中に入ってください。
【8】やってみます。『オオカミが来たぞー!』
【9】大丈夫ですか。次の言葉は、『きこりが来たぞー!』です。
【10】きこりは木を倒してしまいます。木の妖精は、その木にいることができなくなってしまうので、リスから離れ、新しいリスのところに行って、他の妖精と輪を作り、リスを入れてあげてください。
【11】やってみましょう。『きこりが来たぞー!』
【12】最後の言葉は、『嵐が来たぞー!』です。
【13】嵐は、なんでも吹き飛ばしてしまいます。リスも、森の妖精もみんな入れ替わります。誰でも良いので、3人組を作り、今のように形を作ってください。リスだった人が妖精になっても、妖精だった人がリスになっても大丈夫です。
【14】やってみます。『嵐が来たぞー!』
【15】3つの言葉は覚えましたか。『オオカミが来たぞー!』『きこりが来たぞー!』『嵐が来たぞー!』の3つです。
【16】私も、言葉を言った後は、中に入るので、最後に残った人が鬼になります。
【17】では、いきます。『オオカミが来たぞー!』

ワンポイントアドバイス

3人組を分けるときは、【キャッチ】を利用することもできます。
あまる人数が必ず1人とは限りません。2人になってしまう場合は、言う言葉を2人で決めてもらうなどすれば、みんな参加できます。

鬼になった人には、自己紹介をしてから3つの言葉を言ってもらうのも、名前を覚えるきっかけになります。



アイスブレイクのネタを探す

今月のランキング

ページTOP