アイスブレイク集

他己紹介

他己紹介
ジャンル
名前を覚える系,少人数系,座ってできる系,研修系,2人組系
対象人数
6~12人
対象年齢
年齢問わずできるもの

文字だけじゃ分からない!アイスブレイクを体験したい人のイベント実施中

アイスブレイクルール

ファシリテーターの声かけ
【1】2人組を作ってください。
【2】これから、他己紹介をしたいと思います。
【3】まずは、2人組でお互いに自己紹介をしてください。
【4】テーマは、『○○について』です。
【5】それぞれ、2分間ずつ自分のことについて話をしてください。
【6】お互いの自己紹介が終わったら、全体に向けて、ペアの方の紹介をしてもらうので、よーくお話を聴いてくださいね。
【7】では、最初に話す人を決めてください。
【8】決まりましたか。〇分後に交代のアナウンスをします。では、まず最初の人からどうぞ。
(〇分後)
【9】〇分経過しました。今度は、もう一人の方がお話をしてください。
(〇分後)
【10】終了です。では、きれいな円を作ってください。
【11】ペアごとに相手の紹介をしてください。

ワンポイントアドバイス

他己紹介(たこ-しょうかい)とは、自己紹介とは違って、相手である他人を第三者に紹介するアクティビティです。

使用シーンとしては、新入社員の研修の場や、新プロジェクトのキックオフ、学校でのレクリェーションの場などが考えられます。
事前に自己紹介のアイスブレイクを行って、十分に相手を理解できてる状態で行います。

ただ他己紹介をするよりも、一つテーマを決めた方が話をしやすいと思います。
テーマは、使用シーンや使用する集団の特性を考えて選んでください。

相手のどんな情報を、聞き手に対してどのように伝えるのか。
プレゼンテーションのスキルを試すアクティビティと考えれば大人向けでもありますが、単にお互いを理解することや懇親を目的として質問や時間配分を工夫すれば、子どもにも使えます。

時間は、2~3分を目安にすると、話をしやすく、聴きたいことも盛り込める時間かと思います。
時間制限から大幅に超過する人がいる場合は、ファシリテーターは、『あと1分』など、カウントダウンをしてあげると個々が調整しやすくなるでしょう。
スマホのアプリなどで、あらかじめタイマー設定しておくと、研修の場ではタイムマネジメントとしても役立ちます。
雰囲気をみて、やってみてください。

探していた情報は見つかりましたか?
総合案内版 ならきっと欲しい情報が見つかります

[お知らせ]アイスブレイクのいろはでは、文字だけじゃ分からない方のためにアイスブレイクを実際に体験できるイベントを開催しています。10種類以上のアイスブレイクを経験豊富なプロから直接学べるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

 

アイスブレイク研修へ
チームビルディング研修へ

アイスブレイクのネタを探す

今月のランキング

ページTOP