アイスブレイクの取説

ジョハリの窓から見るアイスブレイクの役割

この記事は、イベントや研修で実施した内容をもとに紹介しています。

ジョハリの窓について

図1

1955年夏にアメリカで開催された「グループ成長のためのラボラトリートレーニング」席上で、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリー・インガム (Harry Ingham) が発表したモデルです。当時は、「対人関係における気づきのグラフモデル」と呼んでいたが、後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになったそうです。

4つの窓について

人はそれぞれ「誰もが知っている自分(開放の窓)」「自分だけが知っている自分(隠された窓)」「自分ではわからない自分(盲目の窓)」「まだ誰も気づいていない自分(未知の窓)」という4つの側面があるとされています。
図2

開放の窓を広げていく方法について

一番左上にある開放の窓が広がっていき、未知の窓が小さくなっていくほど、そこでの人間関係の居心地がよくなっていくとされています。では、この開放の窓を広げていくためにはどうしたら良いのでしょうか?それは、自分のことを話したり(自己開示)、人からフィードバックしてもらうことが良いとされています。
『私は、こう思う』とお互いに思ったことを伝えられるようになれば、自然と開放窓が広がっていきます。

アイスブレイクの役割

しかし、そうは言っても、『こんなことを言ったら、嫌われるんじゃないか』『この場で、話しても意味がない』など、なかなか自己開示やフィードバックをできないような場面もあるのではないかと思います。こういった自己開示やフィードバックを妨げているものを、見えない壁と呼びます。あなたがファシリテーターだとして、目の前にいる人たちの最初の状態は、まさに見えない壁がある状態だと思います。この見えない壁を低くしてあげるのが、アイスブレイクであり、あなたの役割なのだと思います。アイスブレイクは見えない壁を低くすることができる、一つの手法です。

 

[お知らせ]アイスブレイクのいろはでは、文字だけじゃ分からない方のためにアイスブレイクを実際に体験できるイベントを開催しています。10種類以上のアイスブレイクを経験豊富なプロから直接学べるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

しま
しま

人見知りで口べた。12年前、そんな自分にとってアイスブレイクに出逢えたことは、とても大きな出来事でした。場づくりに携わる一人でも多くの人がアイスブレイクに出逢い、場づくりをすることがさらに好きになってもらえたらと思います。...

プロフィール詳細はこちら
しまが最近書いた記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


  • Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/icebreak-iroha/www/icebreak-iroha-jp/wp/wp-content/plugins/exec-php/includes/runtime.php(42) : eval()'d code on line 14

今月のランキング

ページTOP