アイスブレイクの取説

アイスブレイクについて

アイスブレイクとは

アイスブレイクとは、初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法。集まった人を和ませ、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作り、そこに集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるよう働きかける技術を指す。

アイスブレイクは自己紹介をしたり、簡単なゲームをしたりすることが多く、いくつかのワークやゲームの活動時間全体を指すこともある。「コミュニティビルディング(community building)」や「アイスブレイキング(ice breaking)」とも呼ばれている。
「アイスブレイク」という用語は、参加者の不安や緊張を氷にたとえ、その「硬い氷をこわす、溶かす」という意味を持っている。アイスブレイクを行うことで、心をやわらかくし、和やかな雰囲気づくりをすることが基本であり、初対面の場面に限らず、会議などの場で議論が活発になる手助けもしてくれる。いわばスポーツにおける柔軟体操のようなもので、話し合うきっかけを作るちょっとした準備運動と捉えるとわかりやすい。
(引用:wikipedia)

こんな場所で使われている

教育の場 – 授業、講義、HR、新入生オリエンテーション、体験学習、保護者会など
仕事の場 – 会議、新入社員研修、社員研修、管理職研修、チームミーティングなど
市民活動の場 – 市民講座、ワークショップ、地域の集まり、子育て支援行事など
娯楽の場 – 歓迎会、お見合いパーティ、合コンなど
(引用:wikipedia)
実際に弊社でも、キャンプやトレッキング、企業研修の前の導入として活用していたり、大学生の新入生オリエンテーションでも活用しています。アイスブレイクの使える幅はさまざまで、初対面同士が集まる場だけではなく、ある程度関係性ができている人同士にも有効です。進行する人のことを、アイスブレイカーと呼んだり、ファシリテーターと呼んだりする。アイスブレイクのいろはでは、ファシリテーターと呼んでいます。

アイスブレイクの効用

初対面同士の人たち集まる場では、多くの人が不安な気持ちを抱えていたり、緊張をしています。沈黙をしていたり、表情は硬く、笑顔がない状態であることが多いです。こうゆう状態のとき、アイスブレイクは非常に有効です。アイスブレイクを行うことで、参加者(対象者)の緊張した気持ちをほぐすことができ、『私、ここにいても大丈夫かも』という安心感をもたせてあげることができます。また、安心感を持つことにより、自分自身のことに関して、そこにいる他者と円滑なコミュニケーションができるようになります。そうなってくると、場が全体的に和やかな雰囲気になっていきます。

 

[お知らせ]アイスブレイクのいろはでは、文字だけじゃ分からない方のためにアイスブレイクを実際に体験できるイベントを開催しています。10種類以上のアイスブレイクを経験豊富なプロから直接学べるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

しま
しま

人見知りで口べた。12年前、そんな自分にとってアイスブレイクに出逢えたことは、とても大きな出来事でした。場づくりに携わる一人でも多くの人がアイスブレイクに出逢い、場づくりをすることがさらに好きになってもらえたらと思います。...

プロフィール詳細はこちら
しまが最近書いた記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


  • Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/icebreak-iroha/www/icebreak-iroha-jp/wp/wp-content/plugins/exec-php/includes/runtime.php(42) : eval()'d code on line 14

今月のランキング

ページTOP