アイスブレイクの取説

アイスブレイクをガッツリ盛り上げる!声がけのコツ

「アイスブレイク使ってみたんだけどイマイチ盛り上がらなかった…」
そんな経験をされた方も多いでしょう。

そこで、イマイチなときにありがちなパターンと、
盛り上げるコツについて、まとめてみました。
注意するのは、たった2つだけ!
プロの極秘テクニックを使って、みんなの笑顔を引き出しましょう!

P_20180531_193145

「盛り上げなくちゃ!」が逆にアイスメイクの原因

イマイチなアイスブレイクにありがちなのが、
ファシリテーター(進行役)ばかりが盛り上がってしまい
逆に参加者が引いてしまうパターン。

「司会の人のテンションすごすぎて、ついて行けなかった」

ファシリテーターをやるからには、自分が引っ張って盛り上がげなくちゃ!
と考えると、ついつい芸人さんのようなテンションになりがちです。
まだ緊張感が漂う参加者とは、どうしても気持ちにギャップができてしまいますね。

そこで、発想を転換してみましょう。
主役はあくまで参加者です。
ファシリテーターであるあなたが心がけたいのは
参加者を引き出すような、声がけ2つだけで大丈夫。

次のアイスブレイクでは、ぜひ2つの声がけを
徹底してみて下さい。
まるで効果が変わるのが実感できると思います。

■たった2つだけ!声がけのコツ

・「間違ってOKですよ~」と声がけする
・「いい○○ですね」と参加者の声をひろう

ファシリテーターが心がけたいのは、この2つだけでOKです。

「間違ってOKですよ~」と声がけする

「間違うような恥ずかしい自分を見られたくない」
という心理から
「間違うような自分でも、笑顔で受け入れてもらえるんだ」
に変化してもらうためのツールがアイスブレイクですよね。

「間違ってOK」
というキーワードで、参加者の心のハードルがグっと下がって
動きや声がどんどん大きくなります。

応用としては、
「話がまとまらなくてOKです。ざっくばらんに話してみましょう」
グループディスカッションでは、こんな声がけをしておくと
自分の考えを言葉に出すときの心のハードルが下がります。

「いい○○ですね」と参加者の声を拾う

・変なリアクションを見つけたら
→「いいリアクションですね~」と拾う

・「うわあ」なんて声が出たら
→「いい声でてますね~」と拾う

特別、気の利いたセリフは必要ありません。
見たまま、聞こえたままを、そのまま
「いい○○ですね」というテンプレートに当てはめるように
参加者の動きを拾うように心がけましょう。

何人か集まると、必ずノリのいい方が居ますよね。
ノリのいい方のリアクションや声は、しっかりチェックして
拾うようにするといいでしょう。

「あそこまで自分をさらけ出してもOKな場なんだ」
ノリのいい方に引っ張られるように、
参加者みんなのテンションが上がってきますよ。

 

今回は、アイスブレイクをガッツリ盛り上げる!声がけのコツを
2つご紹介しました。

アイスブレイクを始めてみよう。そんな貴方を全力で応援します。
よっしーでした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 受 付 中 の イ ベ ン ト の お 知 ら せ ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 職場の雰囲気が変わる!アイスブレイク講座

◎ 日時:6月24日(日)9:30~17:00
◎ 会場:JR水道橋駅から徒歩2分
◎ 講師:井上 貴元
      中島昭聡
◎ 詳細: http://icebreak-iroha.jp/events/7954
◎ メル割: http://icebreak-iroha.jp/7476

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

盛り上げるアイスブレイク研修

使える!アイスブレイクのネタが届くメルマガ

気に入っていただけましたか?クリックでお友達に教えてあげよう!

 

[お知らせ]アイスブレイクのいろはでは、文字だけじゃ分からない方のためにアイスブレイクを実際に体験できるイベントを開催しています。10種類以上のアイスブレイクを経験豊富なプロから直接学べるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

 

アイスブレイク研修へ
チームビルディング研修へ

関連記事はこちら

この記事を書いた人

よっしー
よっしー

中小企業診断士。人をつなげるプロデューサー。人事の課題に行き詰まりを感じていたときアイスブレイクと出会い「組織の風土を変えるのはコレだ!」と稲妻が走る。以後、ひとりでも多くの方にアイスブレイクを知ってもらいたいと奔走する。...

プロフィール詳細はこちら
よっしーが最近書いた記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

今月のランキング

ページTOP